悩み解決com

給付金を支給してもらうために必要なポイントをまとめていきます。

法律事務所を選ぶ

女の人

B型肝炎とは

国内の集団予防接種では、注射器を使いまわしていた過去があります。それは昭和23年7月から昭和63年1月27日までの期間で、その間にB型肝炎ウイルスに感染してしまった患者が大勢います。平成18年と平成22年に患者や遺族が国を相手に訴訟を起こし、和解が成立しました。その後和解に関する基本合意書が締結されたことから、給付金を支給するための特別措置法が始まっています。給付金を受けるためには、集団予防接種が原因と明らかにし、訴訟を起こすことが必要です。

訴訟できないケースもある

B型肝炎に感染した理由によっては、訴訟ができず給付金を受け取ることもできません。輸血や性交渉、タトゥーなどは対象外です。また、透析や血液製剤なども給付金を受け取ることは不可です。基本的には国が注射器の使いまわしを行なっていた集団予防接種が原因となる場合のみ、B型肝炎の訴訟と給付金の対象になります。給付金が受け取れない場合でも、予防や検査を行なってチェックして治療をしていくことが重要です。

感染しているかもしれない場合

感染の可能性がある人は1941年7月から1988年1月までに誕生した人で、集団予防接種を受けた人です。また、父や母、兄弟姉妹といった家族から感染するケースもあるため、家族に感染した人がいる場合は、リスクがあります。感染者本人が既に亡くなっている場合でも、遺族に給付金が支給されることもあります。思い当たる人は、病院や法律事務所に行って、相談してみるとよいでしょう。諸条件に該当すれば給付金を受け取り治療などに役立てることができます。

検査の方法は

肝臓の病気であるB型肝炎は自覚症状が出にくいといわれています。とく初期の場合はわからないといえます。今は、病院や保健所はもちろん、定期健診のときにもB型肝炎の検査を受けられるようになっています。血液を採取して検査に出し、2週間前後で結果はわかるはずです。血液感染など感染ルートはさまざまですので、定期的にチェックしてみるとよいでしょう。B型肝炎はウイルス感染で拡大していきますので、注意が必要になるのです。

病気が発覚したきっかけで多いのは?

no.1

定期健診

会社員であれば、定期健診を受けることが一般的です。その際に、B型肝炎に感染していることが発覚するパターンが多いです。無症候性キャリアの場合の給付金は、600万円程度が目安となります。

no.2

家族

感染していた場合は、母親など身の回りの人もB型肝炎に感染している可能性が高いです。家族など周囲の人も検査を受けるようにしましょう。既にB型肝炎によって亡くなっていれば、遺族は給付金として3600万円程度受け取ることが可能となります。

no.3

出産

女性が子供を産むタイミングで発覚することも珍しくありません。血液検査によって、明らかになります。子供の検査もできますので、母子感染がないかも併せてチェックしていきましょう。母体が感染していても、子供には感染していない場合もあります。

no.4

ニュース

B型肝炎の訴訟や給付金のニュースを見て、自身の感染の疑いを持つ人も大勢います。対象者の年齢層が広く、該当するケースも多いので「もしかして自分も?」と思って検査を受けるようです。肝臓がんにまで進行してしまった場合は、3600万円程度の給付金が目安となります。

no.5

友人

友人や知り合い、同僚などがB型肝炎ということがわかると、とくに同世代であれば心配になって、自身も検査を受けることが多いです。もし慢性B型肝炎と診断されれば、給付金は1250万円程度が目安になるでしょう。

広告募集中